薬剤師の転職にドラッグストアはおすすめ?メリットデメリットを解説

「もっと年収を上げたい」「もっと人間関係の良好な職場で働きたい」など、今の職場を辞める理由も次の新しい職場に求めるものも、転職理由は様々ですよね。転職先によっては自分の生活がガラリと変わるため、慎重になったり不安になることも多いでしょう。

今、薬剤師の転職先として注目されているところの1つにドラッグストアがあります。この記事では、ドラッグストアに転職したいと考える薬剤師の方のために、ドラッグストアで働く薬剤師の仕事についてまとめてみました。

薬剤師がドラッグストアに転職するメリットとデメリットについてや転職に関するヒントも一緒に紹介しています。これからの転職活動に役立つ情報として、ぜひ参考にしてみてくださいね!

こちらの記事では、転職を考えている人にとって必ず役に立つ情報を紹介しています。ぜひご覧ください。

薬剤師の職場と気になる平均収入は?

薬の専門家である薬剤師。私たちに馴染みがある薬剤師の仕事と言えば調剤と服薬指導ですよね。多くの人が薬局で薬剤師から説明を受けて薬を受け取った経験があると思います。

では薬局以外に薬剤師はどんな場所で活躍しているのでしょうか?まずは薬剤師の職場と平均年収について簡単に説明したいと思います。

薬剤師が活躍する職場

日常で薬剤師に接する機会がある場所と言えば薬局や病院が思い浮かびますが、薬剤師が活躍する場は調剤薬局、病院や診療所などの医療機関以外にもドラッグストアや製薬会社などの医薬品関係企業、衛生行政機関、大学、介護施設など多岐にわたります。

出典:大日本住友製薬

厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師統計の概況によると、薬剤師の勤務先は薬局、病院や診療所などの医療施設が大半を占め、ドラッグストアやを含む医薬品関連企業がその次に続いています。

専門的な調剤の仕事や服薬指導をはじめ、医薬品の研究や開発、治験に関わったり、MRのように営業で医薬品を販売したり、新薬の申請を行ったりと薬に関わる様々な場所で薬剤師は活躍しています。直接関わりのない場所からも、薬を通して私たちの生活を支えてくれているんですね。

薬剤師の平均年収

引用:e-Stat 令和2年賃金構造基本統計調査

国家資格の薬剤師ですが、気になる平均年収はいくらぐらいなのでしょうか。厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査をもとに計算してみると、薬剤師の平均年収は565.1万円でした。

引用:国税庁 令和2年分 民間給与実態統計調査

国税庁の令和2年分 民間給与実態統計調査によると、全業種の年間平均収入が433万なので、薬剤師の収入は比較的高いことがわかりますね。

ドラッグストアの業務内容とは

一般医薬品や化粧品、日用品などを幅広く扱うドラッグストア。薬剤師の活躍する職場の中でも特に地域と密着しているドラッグストアの薬剤師の仕事は調剤だけではありません。ドラッグストアは薬局や病院とは少し違い、接客業の要素が強い業務が多くなります。

では具体的にはどのような仕事内容なのでしょうか。ドラッグストアで働く薬剤師が行う仕事内容をご説明しますね!

一般医薬品(OTC医薬品)の販売

ドラッグストアでは主に一般医薬品、日用品、化粧品、食品を取り扱っています。一般医薬品はOTC医薬品とも呼ばれ、処方箋がなくても購入できるのが特徴です。

出典:公益社団法人 日本薬剤師会

一般医薬品(OTC医薬品)には種類があり、要医薬品・第一類医薬品・第二類医薬品・第三医薬品に分類されます。要指導医薬品と第一類医薬品は薬剤師が、第2類医薬品や第3類医薬品は薬剤師以外に登録販売者でも取り扱うことができる薬です。

要指導医薬品と第一類医薬品は薬剤師が対応しなければ販売することはできません。お客様に対し、過去に服用の経験があるかを確認したり、薬の作用と副作用、服用の仕方について詳しく説明したりします。これらはドラッグストアの中でも薬剤師にのみできる仕事となります。

ドラッグストアに来るお客様は、病院に行く時間がない方や病院に行くほどではない方など様々です。病院では医師が薬を処方してくれますが、ドラッグストアでは自分で選ばなくてはいけません。たくさんの医薬品を目の前にしてどれがいいか悩んだ経験はありませんか?

そんな時、薬剤師は悩んでいるお客様に対して適切な医薬品を紹介したり、役に立つアドバイスを提供したりします。ドラッグストアに並ぶ一般医薬品はとても種類が豊富なので、その中からその人に最適なものを選ぶのは薬剤師の腕の見せ所ですよね。

セルフメディケーションの手助け

ドラッグストアの薬剤師にとってとても重要な仕事のひとつにセルフメディケーションの手助けがあります。

一般医薬品を買いに来た方に対して、現在服用している薬やサプリメントなどがあれば飲み合わせを確認したり、痛みや発熱などの症状から最適な薬を選んだりなど、知識が豊富な薬剤師だからこそできるサポートです。

薬を選ぶお手伝いだけでなく、場合によっては病院への受診を勧めるのもドラッグストアの薬剤師の仕事。とても身近な医薬品の専門家として地域の方々に頼られる存在です。

レジ打ち・品出し・発注・在庫管理など

これらは、薬剤師の仕事と言うよりドラッグストアの店員としての仕事内容になります。レジ打ちや品出し、商品の補充は日常的に行う業務のひとつでしょう。忙しい時には医薬品だけでなく日用品や食品、化粧品などの品出しや補充をすることもあるかもしれません。

また、慣れてくると商品の在庫管理をしながら発注業務、売り場作りを任されることも。薬剤師の仕事以外に店舗の運営に関わる仕事も増えてくるのがドラッグストアの薬剤師の特徴です。

調剤室が併設されているドラッグストアの場合は調剤や薬の管理、患者様の情報の管理など調剤薬局の業務がメインになりますが、併設されていないドラッグストアの場合はオールマイティーな仕事が求められるでしょう。

ドラッグストアで働くメリット

たくさんある薬剤師の職場の中で、ドラッグストアに転職するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?給与面や待遇のような条件からやりがいまで、ドラッグストアの薬剤師だからこそ感じられるメリットをまとめました。

給料が高い

比較的高収入な薬剤師ですが、その中でもドラッグストアの求人はさらに収入アップが期待できるというメリットがあります。調剤薬局や病院よりも高収入のところが多いため、転職を考えている方の中でも給与面を重要視されている方にとっては魅力的な職場ということになります。

キャリアアップすることでより高い収入を目指すことができるのもポイント。チェーン店が多いドラッグストアなら数店舗を統括するエリアマネージャーや本社の管理職への昇進など、一般薬剤師の枠を越えて収入アップが可能です。自分の頑張り次第で上を目指していけるのはやりがいがありそうですよね。

ドラッグストアで働く薬剤師の平均収入は、大手企業では500万円~600万円以上。管理職に就くことになれば1,000万近い収入を得られる可能性もあります。

また、ドラッグストアの薬剤師はパートの時給相場も高め。女性の場合、結婚や出産などで一度退職したものの、子育てが落ち着いたら復帰したいと考える方も多いですよね。フルタイムで働くにはまだちょっと、という方はまずパートからと考える方も多いはずです。

住んでいる地域や店舗によって差はありますが、ドラッグストア薬剤師の時給は一般的なパート時給のおおよそ2~3倍となっています。無理なく働きたい、でも給料はしっかりと稼ぎたいという方はドラッグストアのパートから復帰という選択もおすすめです。

求人が多い

ドラッグストアは個人からチェーン店まで店舗の数も多く、事業拡大でどんどん店舗を増やしている企業も多いため、求人が豊富というのも転職を考える上では魅力的な部分です。希望している条件や自分に合った雇用形態の求人情報を探す上で選択肢が多いのは嬉しいですよね。

大手チェーン店の場合、勤務地が選べたりパートや派遣など様々な雇用形態での募集をかけていたりと、自分のライフスタイルに合わせて探すことができますよ!

福利厚生が整っている

転職する上で福利厚生の充実は欠かせません。福利厚生が手厚いのもドラッグストアの魅力。基本的な制度に加え、オリジナルの休暇や割引、出産や子育てのサポートなどを行っている企業もたくさんあり、それぞれ福利厚生に力を入れています。

女性の薬剤師もたくさん活躍できるように、例えば育児や介護の支援、時短勤務や育児休暇など産後のサポートが充実している所も多くあります。女性の場合、ライフステージごとに使える手厚いサポートはとても心強いですよね。

希望の休みがとりやすいという意見も

ドラッグストアは土日も営業しているところが多いため、平日のお休みが希望通りに取りやすいところがポイントです。

土日の混雑が苦手な方には平日休みが取りやすいドラッグストアがピッタリ。ほとんどのドラッグストアはシフト制のため、土日のお休みを希望する場合にも融通がききやすいというメリットがあります。

大きなドラッグストアの場合、産休や育休といった長期の休みが取りやすいという点も。女性の場合は福利厚生に加えてこういう条件もチェックしておくと長く働ける職場に出会えるのでおすすめです。

やりがいがある

調剤薬局や病院もやりがいのある職場ではありますが、ドラッグストアはそれらとはまた違ったやりがいを感じられる職場でもあります。

ドラッグストアではお客様の困っている症状を聞いたり、患部を見たりしてその人に合った適切な薬を選んで説明します。自分で判断した薬をおすすめするのはドラッグストアならではの仕事内容ですよね。

最近のドラッグストアは薬や化粧品だけでなく食料品のや雑貨を取り扱う店舗も多いため、日常的に顔を合わせることも多いでしょう。他愛のない世間話から健康面での悩みなど、気軽に相談してもらえるのはドラッグストア薬剤師の魅力。より身近な薬剤師として地域医療への貢献感も感じられるでしょう。

スキルアップができる

ドラッグストアでは薬剤師の業務に加えてOTC医薬品の販売や接客、レジ打ちや品出しなどがあり、慣れてきたら発注や在庫管理、売り場作りも任されたりすることもあるかもしれません。

調剤薬局や病院にはない業務内容が多いことから、商品の販売や接客のノウハウを学んだりコミュニケーションスキルを磨くことができるため、スキルアップしたいと考えている方におすすめです。

普段の業務をこなすことで自然とOTC医薬品や健康食品、化粧品などの知識をつけることができるだけでなく、「どんな商品が需要が高いのか」「売れ行きがいい商品はどれか」など市場動向も知ることができるため、経営のスキルアップも期待できます。

ドラッグストアへ転職をお考えの人は、【薬剤師に特化した転職サイト】を利用することをおすすめします。まずは以下の記事をご覧ください。

ドラッグストアで働くデメリット

では、薬剤師がドラッグストアに転職するデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?専門的で忙しそうなイメージの薬剤師ですが、ドラッグストアへの転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

雑多な仕事が多い

処方箋が1日に大量にくる調剤薬局や病院も忙しいですが、ドラッグストアの場合はさらに商品の補充やレジ打ち、販売やクレーム対応などの接客が加わります。調剤併設型のドラッグストアでも、人員が足りない場合は薬以外を扱う業務をしなければいけないこともあるでしょう。

調剤薬局や病院の場合、相手は患者様ですが、ドラッグストアの場合は多種多様な商品カテゴリーがあるため、来店されるお客様のニーズも様々。柔軟な対応が求められます。

また、お客様から見たら薬剤師もそのドラッグストアの店員の一人です。薬剤師としての業務以外もできる必要があるため、雑多な仕事内容となるでしょう。

土日、祝日の出勤があることも

ドラッグストアは、調剤薬局や病院に比べて営業時間が長めで土日祝日も営業しているところが多いのも特徴。中には24時間営業なんて店舗もあるため、それらに対応できるよう勤務はシフト制がほとんどです。場合によっては土日祝日、夜間の出勤もあるかもしれません。

アルバイトスタッフやパートスタッフを多く雇っているところの場合、イベント時や大型連休などで人員が不足することも。社員の場合、薬剤師もその人員不足をカバーする必要があるかもしれません。その場合、他の平日でお休みを取るなどの対応があることが多いでしょう。

調剤の仕事がないことも

調剤併設型ではないドラッグストアの場合、処方箋をもとに薬を調剤するとい仕事をする機会がなくなるということもあります。

薬は常に新薬が開発され進化しているため、薬の専門家として薬の知識を常に更新していくためには調剤の業務がベスト。将来のビジョンによっては薬剤師としてのキャリアアップが難しくなるというデメリットになる可能性があります。

当然ですが、調剤の仕事がないドラッグストアで長期間働くと、病院・調剤薬局勤務に転職するのが難しくなる傾向があります。逆に、病院・調剤薬局からドラッグストアへ転職することは、いつでも可能です。一度、ご自身の薬剤師としての将来のビジョンを考えてみましょう。

とはいえ、現在ドラッグストア業界では、調剤併設型のドラッグストアを積極的に増やしている動きがあるため、薬剤師として調剤の仕事もできるドラッグストアがこれからもどんどん増えてくるでしょう。事前に転職先の業務内容をしっかり確認することが大切です。

ドラッグストアで求められるスキルや経験

薬のプロフェッショナルである薬剤師がドラッグストアで働く際に求められるスキルや経験にはどんなものがあるのでしょうか?

コミュニケーションスキル

地域の方々とのコミュニケーションが多いのがドラッグストアの特徴。ドラッグストアの薬剤師として活躍するなら、コミュニケーションスキルは欠かせません。

学生時代のアルバイトなど、過去に接客業の経験があれば役に立つはずですが、経験がなくても「地域医療に貢献したい」「人の役に立ちたい」という気持ちがあれば自然とコミュニケーションスキルが磨かれていくでしょう。

地域の方々に寄り添う心や思いやり

調剤以外にもお客様の要望を聞いて適切なアドバイスや薬を提供するドラッグストアの薬剤師。お客様の言葉をただ聞くだけでなく、様子を観察したり実際に患部を見たりして、お客様の求めるものを理解しなくてはいけません。

常に相手の立場に立って、「何を求めているのか」「どうすれば症状や不安を緩和できるか」などを考えながらの接客が大切になるでしょう。

専門的な知識

何か困ったり知りたいことがある時、知識が豊富な人に相談したいと思いますよね?やはり欠かせないのは医薬品に関しての専門的な知識です。

ドラッグストアの場合はそれに加えて市販の医薬品(OTC医薬品)の知識も必要になります。また、地域医療に密着した仕事のため、在宅医療や在宅介護に関して知識を深めたり、それに関連する商品を把握しておくのもおすすめです。他の職場に比べて、専門的且つたくさんの知識が求められるでしょう。

ドラッグストアに向いている人

ドラッグストアの薬剤師に向いている人はどんな人でしょうか?「ドラッグストアに興味があるけど自分に向いているのかわからない」という方のために、ドラッグストアの薬剤師に向いている人の特徴をまとめてみました。

  • 収入アップしたい人
  • コミュニケーションを取るのが好きな人
  • まずはパートから仕事に復帰したいママ
  • キャリアアップしたい人
  • 毎週の土日休みにこだわらない人
  • 勤務時間を選びたい人
  • 忙しくても仕事にやりがいを感じたい人

ドラッグストアにはそれぞれ違った目的で毎日たくさんの人が訪れるため、コミュニケーション能力がとても大切。雇用形態も色々あり、待遇が良い企業が多いことから、最初は週に数日、短い時間から仕事に復帰したいと考えるママにもピッタリです。

キャリアアップして上を上を目指していきたい男性にもドラッグストアは人気。また、大手企業のドラッグストアの場合は忙しい店舗が多いため、仕事は忙しいくらいの方がいい!と感じる方にも向いている職場ですよ。

今すぐドラッグストアへ転職希望の人は、こちらの記事をご覧ください。

参考までに、大手ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収を紹介します。
調査データは国内最大級の社員口コミを有する、転職・就職の情報プラットフォーム「openwork」を参考にしています。

順位ドラッグストア平均年収
1クスリのアオキ733万円
2クリエイトSDホールディングス675万円
3ウエルシアホールディングス644万円
4カワチ薬品611万円
5サンドラッグ606万円
6ツルハホールディングス598万円
7スギ薬局576万円
8マツモトキヨシ548万円
9キリン堂510万円
10ココカラファイン506万円

薬剤師ドラッグストアQ&A

薬剤師としてドラッグストアに就職するのは将来的にみて良いことだと思いますか?

少し前までドラッグストア=落ちこぼれという風潮がありました。しかしこれは、少し前まで の話です。 現在大手ドラッグストアの多くが調剤併設を進めており、アメリカ型に変化しようとしています。 このようなドラッグストアでは調剤薬局と変わりないどころか、OTCを扱っているため薬剤師の技能が処方箋のみの薬局に比べ幅広く活かせるようになってきています。

引用:ヤフー知恵袋

ドラッグストアで薬剤師として働きたいのですがシフトの融通は利きますか?

それは、そのドラッグストアの状況によります
働きたいドラッグストアに直接お問い合わせください

引用:ヤフー知恵袋

ドラッグストア薬剤師って全国転勤ありますか? 家庭とかあると考慮されますか?

私の所だと異動を 自宅から半径何キロ圏内のエリア内だけに絞るか
全国転勤OKとするか選べますが
その分給料には差が出ます。

引用:ヤフー知恵袋

ドラッグストアに転職する場合の注意点

薬剤師が転職を考えるのにドラッグストアはメリットが大きい職場ですが、転職する際に気を付けておいた方がいいこともあります。より自分に合った職場に出会うためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 事前に雇用形態、勤務地、給料などの条件をしっかり書き出す
  • ドラッグストアで働くデメリットをしっかり理解する
  • 働きたいドラッグストア(企業)についてよく知る
  • 転職サイトや転職エージェントの力を借りる

まずは自分の将来のビジョンをハッキリとさせること。希望する雇用形態や勤務地、勤務時間、給料や休日、自分がなりたい姿を想像してみましょう。思い付いたものから紙に書き出していくのもおすすめです。これは、次の職場を探す上でベースの情報となります。

ドラッグストアで働くデメリットが妥協できるものなのか考えておくのもポイントです。無理して妥協して転職しても、また悩むことになりかねません。事前にデメリットの情報を集めて理解しておきましょう。

また、気になるドラッグストアについてしっかりとリサーチしておくのも大切です。社風やこだわりは企業によってそれぞれ。一言にドラッグストアと言っても違いが出てくるため注意が必要です。

そして、一人で黙々と転職活動をして結果が出ればいいのですが、ストレスを感じないためにも転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめ。自分の理想とする職場にスムーズに転職するために、借りれる力はとことん借りましょうね!

薬剤師専用の転職サイトを使おう

注意点でも説明しましたが、薬剤師の転職には転職サイトや転職エージェントの力を借りるという方法がおすすめです。

自分一人で転職活動をしていても行き詰まってしまうもの。数ある転職サイトやお互いにとってメリットのある転職エージェントの利用は転職を効率的に運ぶためにもとても有効です。

転職サイトには様々なものがありますが、薬剤師だけのための薬剤師専門の転職サイトもあります。複数に登録してフル活用するのがおすすめですよ!

当サイトが徹底調査した【薬剤師のおすすめ転職サイト】についての記事はこちら。

まとめ

いかがでしたか?

ドラッグストアの薬剤師は、地域にとても密着した忙しくもやりがいのある重要且つ素敵な仕事です。また、成長産業である大手企業が多いドラッグストア業界は、今も全国に新しい店舗がどんどん増えています。これからさらに成長していくのを考えると期待が膨らみますね!

転職は勇気がいることですし、転職活動は不安との闘いで根気がいる作業だと思います。今、ドラッグストアへの転職を考えている方が理想の職場に出会い、イキイキと働かれる未来を願って応援しています。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)