【男性保健師になりたい】仕事内容・年収・将来性について解説

看護大学に入学した男子学生から相談されました。

『看護師になりたくて大学に入ったけれど、保健師課程のある大学だったので、保健師はどうかなって思ってるんです。男性の保健師はいるんですかね?』

男性保健師はいるの?

どこで働いている?

需要はあるの?

男性保健師を目指す方へ、さまざまな疑問を解説していきます。

1.保健師とは

男性保健師もいるのか?

男性保健師もいます。

かつて保健師は女性だけの仕事でした。

1993年(平成5年)の法改正 で「保健師」となり、男性も働けるようになりました。

保健師は人々の健康にな生活をサポートする職業です。

保健師助産師看護師法によると保健師は以下のように定められています。

第二条 この法律において「保健師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいう。

引用:厚生労働省 保健師助産師看護師法

保健師資格の取り方

保健師になるには、看護師と保健師の国家試験両方に合格する必要があります。

また、国家試験を受験するには専門教育を受ける必要があり、おもに2つの方法があります。

❶看護師国家試験に合格後、保健師の養成学校を経て、保健師国家試験を受験する。(看護師免許をすでに持っている人が、保健師資格を取得する場合の方法。)

❷4年制大学の看護学部あるいは4年制の看護専門学校などを経て、看護師国家試験と保健師国家試験を一緒に受験する。(不合格の場合は、翌年、再度両方を受験をする。もしくは看護師国家試験→保健師国家試験の順で受験する。)

保健師の種類

保健師は職場ごとに分類されます。

  • 行政保健師
  • 産業保健師
  • 学校保健師
  • 病院保健師

行政保健師

・地域の保健所や保健センター、地域包括支援センターで勤務する保健師。

・公務員として勤務。

・就業場所別にみると、54.8%と最も多い。

産業保健師

・民間企業ではたらく保健師。

・企業の社員の健康管理や保健指導をおこなう。

学校保健師

・学校ではたらく保健師。

・学校の生徒や教職員の健康管理をおこなう。

病院保健師

・医療機関ではたらく保健師。

・病院保健師はおもに検診センターや地域連携室に所属し、患者さんの健康指導や退院調整などをおこなう。 

2.男性保健師の実態

男性保健師はどれくらいいる?

男性保健師は保健師全体の2.9%で、女性が圧倒的に多い職業です。

しかし、平成30年と比較すると4.6%の増加率が報告されており、徐々に増えてきています。

年齢別にみると、40~44歳が8016人(全体の14.4%)ともっとも多いです。(令和2年衛生行政報告例より)

保健師の年収

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査によると、保健師の平均年収は約481.3万円となっており、月収や賞与の額は以下の通りです。

  • 月収:約33.4万円
  • 賞与:約87万円

また、就業先の規模別に分けると以下のような年収になります。

  • 1,000人以上:約515万円
  • 100〜999人:約477万円
  • 10〜99人:約410万円

保健師の年収は就業先の規模が大きくなると、増えているようですね。

男性保健師のメリット・デメリット

保健師の業務に性別は関係ありません。

男性保健師のメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット

・男性にとって、同性ならではの共感や相談のしやすさなどが評価される。

・男性の育児休暇取得が増加しており、父親が乳幼児検診に来ることが増えてきている。父親への育児の指導やアドバイスなど、男性の立場から情報提供ができる。

デメリット

妊娠・出産や母乳などを扱う母子保健業務については、女性に対する細やかなフォローが必要なため、女性保健師の関わりが適しているケースがある。相談をする側の母親たちが女性保健師を望むこともある。

デメリットについては、女性保健師と連携し、カバーしあえるといいですね。

男性保健師の将来性

保健師は人間が健康に生活をするためのサポートをする職業です。

性別は関係なく、保健師がはたらく場所はさまざまできます。

また、これまで保健師は公衆衛生面の役割において注目されてきました。

近年の日本は、少子高齢化、メタボリックシンドロームや生活習慣病、うつ病、ネグレクト(育児放棄)、過労、いじめ、アルコール・薬物依存、引きこもりや自殺者の増加などの問題があります。

今後は公衆衛生面のみならず、さまざまな問題に向き合うために、保健師の需要は高まっていくでしょう。

保健師業務をたすけるグッズ選びに最適です。

ナース通販アンファミエ楽天市場店はこちら

まとめ

1保健師とは

・人々が健康に生活を送るためのサポートをおこなう職業です。

・1995年の法改正にともない、男性も資格取得できるようになりました。

・資格取得には国家試験に合格する必要があります。

・職場別に種類が分けられます。

2男性保健師のいま

・保健師の平均年収は約481.3万円。

・全体から見ると人数は少ないですが、徐々に増えてきています。

・男性保健師のメリットは、男性から相談がしやすい点があります。

・男性保健師のデメリットは、母子保健分野において、女性が細やかな問題を相談しにくい点があります。

3男性保健師の将来性

保健師のしごとに性別は関係なく、いろいろな場所ではたらくことができます。

・近年の日本が抱える問題に向き合うために必要な職業で、需要は高まるでしょう。

これから日本全体が健康を維持増進するために、まずひとりひとりが健康を意識することが、なにより大切になります。

健康な生活をサポートしてくれる保健師は、性別を問わず、今後も活躍していくことになりそうです。

キャリアアップを目指す方へ、こちらもおすすめです。

【看護師のおすすめ転職サイトランキング9選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)